スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルキーサリヴァン

昨日グーグルの急上昇を見てたら「ブライアント」が10位以内に
入っていた。もしかして近鉄にいたあのブライアントのことかと
懐かしく思った。そして先ほど久しぶりにブライアントのホームラン
の動画とか見ていた。野球つながりでスイングスピードは誰が速いか
とか甲子園で場外ホームランを打った人間は今までいるのかなど
グーグルで検索していた。そしてスイングスピード調べてたあとに
また競馬の話になるが、サラブレッドの時速なども調べた。だいたい
時速70キロくらい。そんな中僕が知らないスゴイ馬が過去にいたこと
を知った。その馬の名前はシルキーサリヴァン。日本の馬ではなく
アメリカの馬です。この馬の動画が残っているのは1958年の第21回
サンタアニタダービーだけだと思います。約50年前の馬ですが、こんな
すごすぎる馬がいたとは。普通競馬のレースって先頭から最後方まで30mぐらい
だが、この馬の場合ケツから2番目の馬から少なく見積もっても30mは離れている。
もしかするとそれ以上かもしれない。普通だったらあんなスピードのない馬はドンジリ
なのだが、この馬の場合そこから猛加速する。「え!あそこから届くの?」と大袈裟では
なく信じられない。日本でもディープインパクトという衝撃の馬がいるが、そのディープの
一番の衝撃のレースである若駒ステークスをさらに上回るレースぷり。笑うしかないです。
しかしこのシルキーサリヴァン現役のときは凄かったらしいが、親としてはイマイチらしく
活躍する子馬などは輩出していない模様。あれは一代限りの輝きであったか。
日本にもあういう派手な追い込み馬が出てきたらもっと盛り上がるのになと思い、ポテチを
パクつきながら動画を見てました。いやー凄い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

春の陽射し

Author:春の陽射し
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
ベルーナ
フリーエリア
カラーミーショップ プロ
★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。