スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗字

昔はどうだか知らないが、今の日本人は皆苗字と名前があるだろう。
そして日本人の苗字はおそらく世界に例のないくらいに多数あるそうだ。
そして僕にも当然苗字はある。しかしここである疑問が。
僕はいつごろ苗字があることに気づいたのか?
名前については、僕が生まれたときから、親がそれこそ何十万回も僕の名前を
連呼しただろうから、いくら頭の弱い僕でも、「あ、これは僕のこと言っているだな」
と分かる。しかし苗字については僕の他に親2人だけではまず出てこないだろう。
もし家族で苗字で呼んでいたら、それこそミステリーである。そんなわけでおそらく
僕が小さいころは今僕の名前の前についている苗字のことは知らなかったと想像する。
もし知るとしたら、隣近所が○○さん~。て呼んだときくらいだろうか。あとは電話か。
それでも名前に比べたら圧倒的に呼ぶ回数は少ない。そう考えるといったい僕はいつ
僕の苗字を覚えたのか?これは今となっては知るよしもないが、もしかすると今子育てを
している方なんかは現在進行中なんでその辺の事情には明るいと思われる。
僕が自分の苗字をいつ覚えたかは疑問だが、根本的にこの苗字ていうのは、なぜできた?
もし人を認識するだけだったら、名前だけでもよさそうなもんだが、しかし皆苗字はある。
いちおう妄想してみるが、村なんかで、数人同じ名前がいたとする。簡単に言うと
ヤジロベェーとか。もし村に4人のヤジロベェーがいたら、村のじっさんたちは聞き返すだろう。
「おめぇの言ってるヤジロベェーはどこのヤジロベェーだ?」「あれだよ、でっけー栗の木の下に
住んでいるヤジロベェーだよ」「なんだかヤジロベェーもたくさんいっとよくわかんねぇな~」
「あ~ちょっと面倒くせぇ~な~」「んじゃ~あそこのヤジロベェーは木の下に住んでっから、
きのしたでいいべ」「そうすっか」なんてことがあったかどうかは不明。しかし近いやりとりは
あったかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

春の陽射し

Author:春の陽射し
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
ベルーナ
フリーエリア
カラーミーショップ プロ
★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。