スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船舶

僕のまわりで船舶の免許を持っている人がちらほらいる。
ほとんどの人が釣り好きだ。
僕は釣りはやらない。やったことも片手で足りるほどだ。
僕は釣りに興味はないが、一つ感心したことがあった。
それはロープの結び方にいろんな形があるということだ。
僕なんかは蝶々結びか、かた結びしか知らない。
しかしロープの結び方を見ると、これは誰が考えたんだろうと
自然と疑問がわく。あんなにややこしい結び方を初めに考え出した
人は、何かロープを結ぶ理論があって編み出したのか、それとも
適当にあーだこーだとやってたら自然とできたものなのか?
いずれにしてもこの知恵が今だに残っている。そしてこれからも残る
だろう。そして新たなロープの結び方に革命は起きるのか?
僕はどちらかと言うと革命はおきないほうに賭けるが。
そして船舶の歴史と言うか船の歴史は相当古いだろう。
当然昔からの技術もそのまま残っていたりすると想像する。
おそらく最低でも2000年以上は船の歴史はあると思う。
それを昔の人は文字がなかったから口頭で伝え、それを下の世代に
伝えそれを繰り返す。そして文字ができて船に関する記述もあったこと
だろう。昔は動力源がなかっただろうから、必然的に風を利用することになる。
となると当然天気などにも精通していないと航海はできなかっただろう。
そう考えると今の船があるのは昔の人が一所懸命下の世代に船の技術を教えて
いったおかげである。これは船に限らず他の分野にもあてはまるが、やはり昔
からの言い伝えは大事だなと改めて思う自分がいる。
本日の更新終わり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

春の陽射し

Author:春の陽射し
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
ベルーナ
フリーエリア
カラーミーショップ プロ
★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。