スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文をかくこと

僕は今年の3月からブログを始めた。
始めた当初はかなりおっかなびっくり文を書いていた。
こんなこと書いたらブログ炎上おこすんではないかと
今にして思えば、いらぬ心配をしていたわけだが、
それでも文を書くこと自体は大分慣れた。
ただ文がうまくなったかと言うと疑問符がつく。
たしかに文を書くのには慣れたが、文がうまくなるのとは
同義ではない。僕の場合起承転結をまったく考えてない。
完全に思いついたことだけを書いている。だから僕のブログを
読んでくださっている方は、僕の書いていることを理解できない
こともあるんじゃないかと心配する。それは読むかたに責任がある
わけではなく、僕の思いつきのせいです。いちおうブログを書くのに
参考になると思い、野口悠紀雄氏の「超」文章法を読んだが、ブログに
生かされていない。そもそも僕はどこで句読点をうっていいか今だに
分からない。なので句読点は山勘でうっています。さらに都合悪いことに
漢字も忘れてきている。結構あるのがどの漢字を使っていいか分からない
ときがある。その場合無理して漢字にはせず、ひらがなにしています。
つくづく日本語でよかったなと思う。いや違うな。日本語だからどの漢字を
つかっていいのか迷うんだ。今から小学生に混じって漢字ドリルでもやるか。
それくらいの症状だ。今はまだいいが、この先10年後、20年後のことを
想像すると恐ろしい。自分の生年月日を忘れてしまうかもしれない。
事実この前、今住んでいる住所が思い出せなかった。あと実家の電話番号も
少しの間記憶喪失していた。なんだか書いててかなりやばくねぇて深刻に思えて
きた。ま、そのときはそのときだ。なんとかなるでしょう。ときどき自分が
分からなくなるが、心配性なんだか何も考えてないんだか。これはどっちも自分
の持っている性質だ。ん?この記事はなんの話をしていたんだっけ?
ブログの文について書いてたんだ。かなり脱線したが、ともかく今日はスランプというと
大袈裟だが、なんとかこれで3つ書けた。それだけでもよしとしよう。
スポンサーサイト

ときどきやってくるオバケ

ブログを毎日書いていると周期的に訪れる「文が書けない症候群」
今日もそんな日だ。本当に何も思いつかない。この周期が来る度
毎回思うが、今度こそネタが切れて何も書けなくなるかも。と思って
しまう。まーなんとか今までは小さい壁をひょいとまたいできたが、
今のところ何も頭に浮かばない。しょうがないのでそのことをネタに
しているが、それでも今まではこうやって何か書くことによって、あらた
な展開につながることがあったんで、それに期待して今もこうして書いている。
たしかに毎日無理して3つの文をアップしているんでネタがなくなるのは必然
だが、僕はMではないが、この苦しむ感じがなんとなく好きだ。今気づいたが
前は書くのがかなり苦痛に思える時期があったけど、今は苦しいときは苦しいが、
それでも以前ほどの憂鬱な気分になることはない。
あとたまにあるのが、気分的にネガが入るときがある。一回そうなるとその日は
どうにもならない。なのでブログもそんな感じになってしまう。それについては
みなさんにはまったく関係ないので大変申し訳なく思っているが、しかし僕も
人間なんで毎日がハッピーなわけではない。ま~たまにはネガになるくらい
大目にみていただければと思う。「しょうがないな。こいつ」くらいのライトな
感覚で。だいたいこうなるパターンは決まっていて、ネットでいろいろ調べて
そうなる場合が多い。いわゆる自爆というやつか。
たしかにネットで調べているとかなりへこむことが多いが、僕の知らないことが
ほんとうに多い。ここ毎日は今まで知らなかった言葉を発見している。
改めてネットの凄さに感心する。しかし問題はどの情報が本当でウソなのかが
分からないことである。同じことについてても全く違っている場合もある。
こればかりは僕では判断できない。ある程度時間が経ってからでないと客観的に
見れないこともある。
そして毎日知らないことがポンポン出てくるので、それについて深く掘り下げたりもする。
ネガになることも多いが、それでもやはり真実に向かって調べるという行為は楽しい。
こうして僕は毎日楽しく?ネットライフを送っている。そしてブログに関して目指すべきは
みなさんが楽しく読んでくれるようなものにしていければと思っている。まだまだ真っ暗で
出口の見えないトンネルにいるような状態だが。みなさんに楽しんでもらうには、まず自分が
楽しまないと駄目なのは鉄則ではないかと思う。なので箸が転んでも笑う歳になれればと思う。
何、意味がわからない?

この前なんかの写真でマッターホルンを見た。山です。
しかし写真を眺めれば眺めるほど不思議な感じがする。
日本にある山だとそんな急角度になっていないけど、
この山はかなり急角度に削れている。とくにこの山の
ことを調べてないが、なぜあんな形になったんだろうか?
これは好みの問題かもしれないが、やはり富士山のほうが
美しい。マッターホルンのほうは少し不自然な感じで鋭角なので
スゴイとは思うが美しいとは思わない。それでもこの山、富士山
よりも標高は高い。
山といえば昭和新山ていう山は比較的新しい山で名前からすると
昭和の時代にできたのか?ここでウィキで調べる。
1944年というと戦時中か。この間に17回の噴火でできた
溶岩ドームみたいなことが書いてある。本当に昭和にできたんだね。
僕も昭和生まれだから、年齢的には近い。少し親近感がわく。
しかし日本は地震も多いが、火山の噴火も多い印象がある。
そのおかげで温泉がたくさんあるのかもしれないけど。
マッターホルンに話を戻すと、あの山はどういう過程でできたのか
少し興味がある。あれは火山の噴火ではなさそう。
しかし自然の力は偉大だと感じる形ではあるね。

最後のネタなににしようかな~。
全く思いつかない。しかしこうしている間にも
時は過ぎていく。あと15分もしたら明日になってしまう。

話題を変える。
水ってふつうにコンビニとかで売られているが、
僕は水を買ったことはほとんどない。というより
買った記憶はない。しかし結構水を買う人は多い。
ものすごい素人考えだが、水ってなんか儲かりそう。
売られている水の原価ってどのくらいなんだろうか?
あれはどっかの地下水でくみ出したものをペットボトルに
詰めて売っているのか?それとも水道水みたいなやつを工場
などで精製してペットボトルに詰めているのか?その辺はどうなんだろう。
しかし水はガソリンよりも高い。今ガソリンのレギュラーでリッター120円台
だろうか。しかし水は500mlでだいたい同じくらいの値段だと思う。
僕はさっきも書いたとおり水を買わないので味についてはまったく知らない。
でも買う人は多いのでおいしいことは間違いないだろう。
しかし外国ならいざしらず、日本で水を売るという発想はすごいと思う。
世界的に見て水道水をそのまま飲める国は少ないらしい。日本の他に5カ国も
なかった気がする。水道水が飲めない国であれば水を買うという選択肢は考えられる
が、日本は違う。そう考えてしまう僕も常識に完全に捕らわれている。
なかなか常識を捨て去ることが難しい一例だが、この常識に捕らわれないということが
これからの経済活動にも必要不可欠ではないかと思う。今不景気だが、たくさんの日本人が
この常識外のことをやって、日本の経済に役立てることを期待する。

シルキーサリヴァン

昨日グーグルの急上昇を見てたら「ブライアント」が10位以内に
入っていた。もしかして近鉄にいたあのブライアントのことかと
懐かしく思った。そして先ほど久しぶりにブライアントのホームラン
の動画とか見ていた。野球つながりでスイングスピードは誰が速いか
とか甲子園で場外ホームランを打った人間は今までいるのかなど
グーグルで検索していた。そしてスイングスピード調べてたあとに
また競馬の話になるが、サラブレッドの時速なども調べた。だいたい
時速70キロくらい。そんな中僕が知らないスゴイ馬が過去にいたこと
を知った。その馬の名前はシルキーサリヴァン。日本の馬ではなく
アメリカの馬です。この馬の動画が残っているのは1958年の第21回
サンタアニタダービーだけだと思います。約50年前の馬ですが、こんな
すごすぎる馬がいたとは。普通競馬のレースって先頭から最後方まで30mぐらい
だが、この馬の場合ケツから2番目の馬から少なく見積もっても30mは離れている。
もしかするとそれ以上かもしれない。普通だったらあんなスピードのない馬はドンジリ
なのだが、この馬の場合そこから猛加速する。「え!あそこから届くの?」と大袈裟では
なく信じられない。日本でもディープインパクトという衝撃の馬がいるが、そのディープの
一番の衝撃のレースである若駒ステークスをさらに上回るレースぷり。笑うしかないです。
しかしこのシルキーサリヴァン現役のときは凄かったらしいが、親としてはイマイチらしく
活躍する子馬などは輩出していない模様。あれは一代限りの輝きであったか。
日本にもあういう派手な追い込み馬が出てきたらもっと盛り上がるのになと思い、ポテチを
パクつきながら動画を見てました。いやー凄い。

珍名

先週から藤原紀香主演のNHK土曜ドラマ「チャンス」が始まった。
競馬好きである僕も当然見た。
このドラマとはまったく関係ないが、競馬場で走る馬にはすべて名前が
ついている。馬主のかたは自分の馬にかっこいい名前をつけたり、
自分の名前や会社の名前をアルファベットで表したりといろいろである。
そのなかでも面白い名前の馬が結構いる。それを少し皆さんに紹介したいと
思います。

僕が一番好きな珍名馬は「ママノパンチ」
これって誰にパンチするんですかね。普通ママはパンチしないですけどね。

続いて「シュワッチ」
これはご存知ウルトラマンの掛け声だが、それをつけた時点で勝つ見込みがないと
思ったのかな。とても強そうに見えない。実際に成績もそうなってる。

そして珍名馬をつけるといえば大御所 小田切 有一氏。この方の馬でまともな
名前を見つけるほうが難しいというぐらい珍名馬だらけです。
注目の馬名は「クウテネテ」
食って寝てんじゃ勝つわけがない。お父ちゃんはいいんだけどね。

次は「ガンバレバー」
頑張ったかどうか知らないがこの馬も結局勝てず。

またしても小田切 有一氏の登場「カミサンコワイ」
相当家ではかみさんに尻にしかれているんでしょうか?

まだ続くよ~。「キケンナジョージ」
名前だけで想像すると何かイケナイ事をしているみたい。
この馬の父親ミルジョージからきているんだろうけどね。

まだまだ「ソンナノカンケーネ」
一世風靡した小島よしおからつけたんでしょうね。
やはり中央では一勝もできず。そんなの関係ねぇ~?だよね。

まだ他にもたくさんいるが最後にする。そしてその馬の名は?
「タマゴカケゴハン」
うーん。なぜこの名前つけたのか理由が分からない。もしかして
馬主がそれ関係の仕事をやっているのか?その辺は調べてません。

珍名馬のほとんどは一勝もできずに引退することが多い。
その中でもGⅠを勝った珍名馬はいるにはいる。
これは今までの馬とは別格だがいちおう紹介しておく。
その名は「マチカネフクキタル」
名前どおり本当に福が来た馬で、血統的に短距離系なのに長距離のGⅠ
菊花賞を勝った珍名馬であると同時に珍馬でもある。

競馬にはいろいろな楽しみかたがあるが、名前だけ見ても面白い。
毎年約7000頭くらいの馬が生まれる。
今後も僕らを楽しませる珍名馬がたくさん出ることでしょう。

ジュース飲みすぎ注意報

朝ネット見てて「ガラナ」の文字が目に入った。
あれ、これってドクターペッパーに入っているやつ
じゃなかったっけ?と思い検索してみると、なにやら
北海道ではガラナなる飲み物があるらしい。へーそうなんだ。
僕はドクターペッパーは意外と好きだが、これって好みがはっきり
わかれる。好きな人はかなり好き。嫌いな人に言わせると薬ぽいと
言う。しかしこの薬ぽいと言うのがイマイチよく分からない。
僕は薬はめったに飲まない。想像するにドクターペッパーを薬ぽいと言う
人は普段から結構薬を服用する人ではないかとなんとなく思った。
前から何度も書いているように、僕はほとんどジュースを飲まなかったが、
今年の夏だけ例外だ。今年だけずば抜けて多く飲んでいると思う。
去年おととしそれ以前も部屋で飲むのはインスタントコーヒーかむぎ茶だ。
今年はなにかのスイッチが壊れたかのように毎日のように飲むようになった。
しかしジュースは依存症状があると思っている。僕はだけど。だから以前
すっぱりジュースを止めたときは、その後数日がつらかった記憶がある。
しかしその時期が過ぎると自販機の前に行っても飲みたいとも思わなくなる。
しかし今年は例外だ。おそらくこの症状も夏の暑さが終わればまた元通りに
なると思っているので心配はしていない。だからそういう意味でも早くこの
暑さがどっか行ってほしいと心底思う。いちおうネットで週間天気予報を見ると
まだ30℃は超えそうな感じなんで、まだしばらくは水分補給は注意しなければ
ならないだろう。
もうすぐ寝る時間だが、まだ蒸し暑い。もう少し凍らせたペットボトルの出番はありそうだ。
あとは特に書くこともないので、この辺で失礼します。

晴耕雨読

そろそろブログを書こうと思いネタを探してたら、グーグルの急上昇をクリックしたら
「晴耕雨読」がランキングに入っていた。なんで入っているか知らないがおそらくテレビ
番組でやっていたんだろうと思う。しかしこの晴耕雨読と言う言葉いいですね。好きです。
憧れます。僕もそんな暮らしがしたい。晴れの日に畑仕事をして自分の食べる分はつくる。
そして雨の日には家でゆっくり本を読んで過ごす。想像しただけでスローライフな感じが
する。でも本来このくらいのほうがいい気がする。今の時代仕事の職種はたくさんあるけど
何か無理矢理つくっている感じもしなくはない。ようするに欲を増幅させて。
そんな感じで現代人は何かよく分からないけど急かされている印象が強い。そして時間がなく
いつもアップアップしている。そして休みの日には疲れをとるために寝ておしまいとか。
この前のゲゲゲの女房を見てたら、シゲルが仕事の量を減らして一日3時間しかやらないと
決めたと言っていた。そのかわり収入が減るけどそれでもいいかみたいな感じでフミエに聞いて
いた。このシゲルの言葉と晴耕雨読という言葉まったく同じではないが、方向性は一緒だろう。
ようするに食い扶持分だけは働く。あとの時間は仕事をやらず家族と笑いながら過ごす。または
本を読んでゆっくり過ごす。確かに収入が減るのは将来への不安は強くなる。しかし結局みんな
いつか死ぬんだから、何か起こる前から心配するのはいらぬ心配とも言える。それよりも日々
楽しく過ごすほうが大事ではないか。
そのためには今のシステムを変える必要があるが、シゲルの言葉どおり国民は1日の労働を
3時間にすればいいんではないかと提案する。そうすれば失業率なんて大分減るだろうし、
当然みんなの収入が減るので使うべきところは必然的に限られてくるだろう。となると今無駄に
ある職種もなくなるだろうからいいと思う。そしてあとの時間は趣味で畑やったり、好きな趣味
をやったり、家族と過ごしたりとゆっくりすればいい。もうこれ以上スピードがアップしたら、
ますます精神的な病気が増えるだけだ。
僕もいつかシゲルの言葉どおりの生活ができるようにないたいと思います。そして世間であちこち
にばら撒かれているトラップ(欲望)に引っかからないような目を持ちたい。

新潟記念 キーンランドC

続きを読む

そういや最近雨降ってない

最近雨降った記憶がないので、ネットで8月の降水量を調べてみた。
値をみてこれはマズイんじゃないのと思った。
ちなみに8月に降った雨の量は、2日に6ミリ、9日に2.5ミリ、12日に1.5ミリ
13日に0.5ミリで14日以降はまったく降ってない。僕の住んでいる地域の観測データ
がなかったので一番近い市のデータではあるが、それほど離れてないのでそう違わない
だろう。それにしてもこれだけ雨が降ってないとは驚きが。今後の週間予報を見ても
雨はあまり期待できない。しかしこれだけ雨が降らないと心配になってくるのが水の確保
ではないか。あまりテレビでニュースを見てないので天気予報でなんて言っているかは
知らない。しかし結構大変な問題ではないかと思う。今後も雨が降りそうもないとなると
飲料水や生活用水などで使用制限なんて出てくるかもしれない。人間は食べ物を何日か
食べなくても生きていけるが、水がないと数日で死んでしまう。それほど水分は人間
にとって不可欠だが、このままだと少し心配だ。まじめに雨降れ降れ坊主を作らなければ
いけなくなる。あと心配されるのが米や野菜などの収穫なども影響が出てくるんではないか
と思う。田んぼをみると米が順調に育っているように見えるが、このまま雨不足だと
収穫量が落ちてしまうんではないか。天気ばかりはどうしようもない。早く雨が降ることを
祈る。

最終コーナーをまわり直線に向きました

今日は8月28日。明日は29日。大人は関係ないが、
子供たちにとって楽しい夏休みがもうじき終わる。
そして明日は日曜日。日曜日の夕方にサザエさんが放映される。
そしてサザエさんの終わりの歌を聴くころには泣き出す子供も
いるかもしれない。夏休みの宿題を終わらせている子はまだいい。
しかし今泣きべそをかきながら必至にドリルをやっている子は今は
非常につらい時期だ。これは僕も経験済みだから気持ちはよく分かる。
しかしなんでほとんどの子供は夏休みの最初のころに宿題をやらないのか?
こんなこと宿題をやってこなかった僕がいうのもなんだが、これは不思議だ。
最初に終わらせれば夏休みの最後のほうだって遊べるのに。
僕が今の年齢で夏休みが子供たちと同じ1ヶ月と10日くらいあると仮定する。
そこへ夏休みの宿題を出されたら、はたして僕は夏休みの初めの時期に宿題をやり
進めることはできるのか?これは実証不可能なんでどういう結果になるか想像
できないが、少なくとも子供だったときは少しはマシではないだろうかと思う。
もし結果が子供のときとまったく同じ結果になったら、この膨大な時間を無駄に
過ごしたことになるだろう。それか大人になったことで悪知恵が働いて、何か
簡単に宿題を終わらせるようなアイディアを探すかもしれない。性格というか
僕の内面的なことはもしかするとあまり変わってないかもしれないが、知っている
情報量は子供のときと比べて、どんなに少なく見積もってもかなり増えている
ことだろう。だから真面目に宿題をするよりは楽に終わらせる方向にいきそうだ。
うん、間違いない。そうなると今の子供に大人の知恵を教えては駄目だと言うことになる。
たとえどんなに子供が親に教えてと言ってきても自力でやらせるほうが、本人のためになる。
夏休みの宿題を通して、勉強ではないある種の教育ができることになる。
やはり子供時代はライオンみたいに子供も崖に突き落とすほうがいいのかもしれないね。
でも本当の崖に突き落としたら駄目だよ。分かっていると思うけど・・・。

20億回

最近僕はブックオフも利用するようになり、今までにないくらいに
大量に本を購入している。だいたい買うのは古くなった本で105円で
売られている。105円の本しか買わないので大量に買う。この前なんか
一度に10冊買った。内訳は7冊が新書で3冊マンガである。
こんな感じでいつも行く本屋で新刊本を2、3冊。そしてブックオフで6冊くらい
毎週のように買っているので、読むペースがまったく追いつかない。ほとんどが途中
読みかけで、いわゆる積読(つんどく)になってしまっている。
ブックオフで買った本のなかに当然古い本も混じっている。もしかするとその当時は
そのように思われてたけれど、今ではそのデータは否定されているなんてこともあるかも
しれない。なので今から書くことは今ではどうなのか分からないが、面白い文を見つけた。
それは動物の哺乳類たちの寿命は、脈拍数が20億回脈打ったときが寿命だとの記述を
見つけた。これは大きい動物から小型動物、人間もそうらしい。ということは1分間の
脈拍数が普段速い人は遅い人にくらべて早くいってしまうことになる。僕も念のため
脈をはかってみる。だいたいだが1分間に50回ちょっとが平均値だろうか。この数値が
どうかというデータは僕にはない。僕の1分間の脈拍を50回と想定して20億から
割って計算してみる。そうすると76.1歳という数字が出てきた。これはあくまでも
50回として計算したので、時と場合によりこれが上下する。ここである疑問を持つ。
それは運動は体にいいというけど、もし脈拍数を上げてしまったら、寿命を縮めることに
なるんではないかということ。運動すれば脈なんてすぐ100を超えるから、普段日常的に
運動している人は寿命が短くなることを意味するんではないかと思う。だからといって
まったく運動しないで、さらに寝てばかりだったらそれはそれで寿命が来る前に別の病気
になっていってしまいそうだが。
若いときはそう思わなかったが、年をとってから激しい運動するのは逆効果ではないかと最近
思うようになってた。それはたまに運動したりするとなんとなくだが心臓に負担がかかっている
感じがしたからだ。だから最近は激しい運動はしなくなった。よく言われているように散歩する
ときに早歩きくらいでちょうどいいではないかと思う。
しかしこの脈拍数の話、運動嫌いな人にはかなり好都合な言い訳になりそうだ。
「たまには運動しなきゃだめだよ」なんていわれたら
「人間の総脈拍数は20億回て決まっているだから、運動したら早死にするからしない」
なんていうことも可能。だからと言ってまったく動かず寝てばかりいたら、寝たきりに
なってしまうので、最低でも歩くことくらいはしましょう。余計なお世話か?

本日ラスト

昔の人たちは地球は平らだと思ってたらしい。昔の人がバカだったわけでなく、
単純に常識がそうなってたというだけだ。
しかし今の時代もし地球は平らだなんて言ったら、周りの人たちは一人、二人って
感じでその人のそばから、だんだん人がいなくなっていくだろうけど。
今では地球は丸いという常識。しかし普通に暮らしているぶんにはそうは感じない。

ここで突然旅行の話をする。僕はあまり旅行とかは行ったことがない。まったくない
とは言わないが、今まで行ったのは数えるほどだ。
僕が旅行するなら日本がいい。なんせ食べ物はおいしいから。それに安心というのが
一番かな。いずれ日本各地をめぐる旅をしてみたい。

もし海外へ行くならどこか?僕が行く条件を出すと、まず建物がまったくない。自然のまま。
そして地形の起伏がほとんどない。探せばおそらくどっかしらにあると思われるが、そこに
行けば地球が丸いと実感できるんではないかと思う。そしてそこへスゴイ遠くを見渡せる
望遠鏡を持っていって、地球の果てを見てみたい。ま、丸いから正確に言うと果てではないが。
いちおう地平線を果てとしておく。ここでまたツッコミが。もしその条件を探しているなら、
太平洋のど真ん中行けばいい。という恐ろしい意見が。少し前にも少女が海横断したとか
やっていたが、僕は海のど真ん中なんかいけない。おそらくホームシックにかかる。ホームと
いうよりランド。だからランドシックかな。そんな言葉あったっけ?勝手につくりました。
とにかく海はやだ。どっか陸でそういう条件の場所があれば、望遠鏡を持って行きたいと
思います。ま、それでも1泊2日くらいがちょうどいいかな。それ以上だと今度はホーム
シックにかかる。

これで本日4つ目の記事終了となりました。今日は初めから4つ書くつもりでいたので
ある程度ネタは考えていました。が、こんな僕なんで、昼考えてたものが、家に帰ってくる
なりすっかり飛んでしまうことも。さすがに少し考えてただけあってブログ更新始めてから
1時間20分でここまで書くことができた。しかしせっかく思いついたものを忘れてしまう
ことも多いので、やはりメモ帳は必須だなと思っています。思っているが実際はやらない。
ようするに本気度が足りないということでしょう。こんなおバカさんはほっといてよい子の
皆さんはとっとと寝ましょう。では。

ped

毎日アホなことばかり書いているので、たまには
役にたつ?ようなことも書かなければいけないという
無責任な正義感が心のなかに沸き立ったため少し書いてみよう
と思う。
この前英単語を覚えるのに、語源に関連したものでやっていけば
覚えやすいと書いた。この前はman/manu(手)だったが、昨日足の指に
ついて散々悪口を書いた。そのお詫びに足を取り上げる。ここでツッコミが
ありそうだが、昨日書いたのは足ではなく足の指のことでは?と。
ま~細かいことは抜きにして、次いきますよ~。

足   ped/pod/pous

expedition 遠征、派遣、遠征隊(ex外へ+ped足)
pedal ペダル
pedestal 台、台座、基礎
pedestrian 歩行者、徒歩歩行者
pedigree 系図、家系、血統
podium 演壇、指揮台、土台

ちなみに女性が身だしなみでするペディキュア。これを英語で書くと
pedicureとなる。

苗字

昔はどうだか知らないが、今の日本人は皆苗字と名前があるだろう。
そして日本人の苗字はおそらく世界に例のないくらいに多数あるそうだ。
そして僕にも当然苗字はある。しかしここである疑問が。
僕はいつごろ苗字があることに気づいたのか?
名前については、僕が生まれたときから、親がそれこそ何十万回も僕の名前を
連呼しただろうから、いくら頭の弱い僕でも、「あ、これは僕のこと言っているだな」
と分かる。しかし苗字については僕の他に親2人だけではまず出てこないだろう。
もし家族で苗字で呼んでいたら、それこそミステリーである。そんなわけでおそらく
僕が小さいころは今僕の名前の前についている苗字のことは知らなかったと想像する。
もし知るとしたら、隣近所が○○さん~。て呼んだときくらいだろうか。あとは電話か。
それでも名前に比べたら圧倒的に呼ぶ回数は少ない。そう考えるといったい僕はいつ
僕の苗字を覚えたのか?これは今となっては知るよしもないが、もしかすると今子育てを
している方なんかは現在進行中なんでその辺の事情には明るいと思われる。
僕が自分の苗字をいつ覚えたかは疑問だが、根本的にこの苗字ていうのは、なぜできた?
もし人を認識するだけだったら、名前だけでもよさそうなもんだが、しかし皆苗字はある。
いちおう妄想してみるが、村なんかで、数人同じ名前がいたとする。簡単に言うと
ヤジロベェーとか。もし村に4人のヤジロベェーがいたら、村のじっさんたちは聞き返すだろう。
「おめぇの言ってるヤジロベェーはどこのヤジロベェーだ?」「あれだよ、でっけー栗の木の下に
住んでいるヤジロベェーだよ」「なんだかヤジロベェーもたくさんいっとよくわかんねぇな~」
「あ~ちょっと面倒くせぇ~な~」「んじゃ~あそこのヤジロベェーは木の下に住んでっから、
きのしたでいいべ」「そうすっか」なんてことがあったかどうかは不明。しかし近いやりとりは
あったかも。

言い訳します

昨日のブログ更新2つで終わった。結果的にだけど。
どういうことかと言うと、昨日2つ目のブログを書いたあと
横になって目をつぶって考えてたら、いつの間にか完全に寝てしまった。
ハッと起きたら時すでに遅しというやつで26日は過去になっていた。
今さら26日には戻れないし、かと言ってFC2をハッキングして27日なのに26日
にすることもできない。やってしまったことはしょうがない。という訳で潔く寝た。
そのかわりといってはなんだが、今日は4つ記事を書く。予定。

さーて何を書こうかな~。そうだ今僕がハマッテいるものを書こう。
この前三ツ矢サイダーを買った話は少し書いた。そしてそのサイダーを
冷凍庫に入れて時間が経ったころを見計らって飲むと気持ちいい。
しかしこの気持ちいいというのは正確ではない。本当はこの冷たいサイダーを
飲むときは喉が痛い。これは俗にいうイタ気持ちいいというやつだろうか。
しかしこれが結構癖になって抜けられない。昔僕は一日何本もジュース買ってた時期が
あったが、もう結構前に買うのをスパっと止めたのに。しかし今ではこの有様。
どうしてくれるんだ。夏の暑さめ。この暑ささえなかったらこんなにジュースを飲むことも
なかったのに。しかしいくらなんでもこれでは責任転嫁しすぎだろう。自分でもそう思う。
しかしあのイタ気持ちいいがなんかダークサイド的な感じがする。この悪い遊びを抜ける
ことができる日がくるのか?
多分もうすぐ涼しくなるだろうから、この悪い遊びは止められるな。多分。

これはいるか~

唐突だが、足の指っているのか?
と、疑問が急にわいた。だって暑いんだもん。
手のひらについている指は確かによく使う。しかし
全部が全部使っているように思えない。親指、人差し指、
中指は結構な戦力だ。君たちがいないと僕は何もできない。
しかし薬指と小指、君たちはいったい何をしているんだ?
僕は君たちが活躍しているところをあまり見たことないぞ。
ま、それでも足の指たちに比べればまだマシか。
手の指は1軍で足の指は2軍だ。どう頑張っても1軍にはなれない。
しかしよく考えてみたら2軍ていうのも言いすぎかもしれない。
だって暑いんだもん。いや暑さは全く関係ない。
足の指はいったい僕のために何をしてくれているのか?
それどころか足の指の爪を切るのも大変じゃないか。
役にたつどころか足を引っ張っている気がする。
どっかから声が・・・。
なになに めったにないが手で届かないものを足の指たちは取ってくれることも
ある。それは足の指がスゴイというより脚が手より長いから届いただけの話では
ないか。
ここで突然手と足の指を大名に例える。と言ってもいちいち全ての指に大名の名前を
入れるのは面倒なんで、ざっくり2種類で行く。
まず手の指は譜代大名。で足の指が外様大名。
もし暇な人がいたら全ての指に大名を指名してみれば。
たぶんそんな奇特な人は世界で3人くらいしかいないだろうが。
しかし足の指のことを使えないだの、いらないだの、3軍だの、外様大名だの言ってばかり
では少しかわいそうである。なので今度足の指の名誉挽回をはかりたいと思います。

一応ここで一言お断りが。今書いた名誉挽回の件ですが、これはあくまでもあればの話です
ので必ずやるという訳ではございませんので、ご了承していただければと思います。

あついなんてもう言いません。

あつい

もう22時近くだって言うのにまだ暑い。
ここ最近雨降ってない。さすがに嫌われ者の雨でも、
みんな雨を待ち望んでいるんではないか。
僕もそのうちの一人です。昼間降らなくてもいいから
夜降ってほしいね。もし雨が降ったらテンションアップするでしょう。
しかしそんなことを書いたからと言って都合よく雨は降らない。
よしこうなったらテルテル坊主を作るか。なに?それじゃ晴れが続く?
確かにそうだ。暑くて脳がやられてしまったか。
しかしこれくらいの暑さだったら、本当に脳がダメージ受けてもおかしくないね。
救いはセミが夜に鳴かないだけマシかなと思う。もしセミが夜もあの調子で
鳴き続けたら、とてもじゃないが我慢できないだろう。おそらく気分的に温度が
+2℃ってところか。
そう考えればセミは以外に礼儀正しいってことになるのか?
しかし昼間はあれだけうるさく鳴いているんだから、親のしつけがなってない。
ま、セミの親も、その親もずっとうるさいから、今のセミたちも親の背中を見て
育った?んだからしょうがないか。そうセミは鳴くのが仕事だ。そしてあっと
いうまに散っていく。なんだか春の桜みたいだな。桜もあっというまに散るが、
セミも夏の間しか地上でエンジョイできない。そういうふうに考えれば、セミ
は夏にはなくてはならないものに違いない。それでも早く夜にこおろぎの
大合唱を聴きたい。そして気持ちよく寝たい。しかしそれがいつのことになる
のやら。まだとうぶん、こんなかんじ~が続きそうだ。

昔のある日常

一つ前のブログ記事で変なことを書いてせいだろうか?
パソコンが固まってしまった。幸いにまだ時間的に余裕が
あるので良かったが、これが23時50分だったりしたら
かなり焦るだろう。これがまたおきないとも限らないと言う
ことでサッサとブログ更新してサッサと寝ます。

さっき書いたとおり、結構いろんなことを忘れる。番組の録画とか。
結構困ったりすることがあって、例えば船橋のららぽーととか
ディズニーランドへ車で行くとする。当然その敷地内にある駐車場に
自分の車を止める。それで帰る段階にきて自分の車を探すが全然見当たらない。
下手すると1時間くらい探してることもある。これが一人だったらもっと
ひどいかも。これは実際にあった話で、とくにディズニーランドだと、自分では
どうにもならない。これはそのときの同乗者の記憶に頼るしかなくなる。

車ネタでもう一つ。以前住んでいた部屋の近くにコンビニがあった。
そしてお腹がすいたので車で弁当を買いに行った。
ところが普段このコンビニには歩いて行ってたので、車をそのまま忘れて
歩いて自分の部屋に帰ってしまった。
そして弁当を食べ終えてからしばらく経って、用事ができたのでで出かけようと
思い駐車場に行ったが車がない。それは当然だ。なんせコンビニに置きっぱなし
なんだから。しかしこのときの僕は誰かに盗まれたと思った。誰かさんとは誰か
分からないが誰かさん疑ってスマン。そして僕は警察に電話しようかなと思ったが、
念のため自分の行動の記憶を思い返す。で、車でコンビニに行ったことを思い出し、
コンビニへ行ったら当然のごとく自分の車があった。長嶋茂雄監督には到底かなわない
が、僕もそこそこのレベルである。毎日ではないが、ごくたまにこういったことが
おきたりする。それでも普通に日常生活送っているんだからね。

ついにここまできたか

夏になると僕の嫌いな蚊やゴキブリが出現する。
となるとこれは僕の天敵となるのか?
いまいち正確な意味が分からないので、ネットの国語辞書で
調べてみる。

天敵
「ある生物に対して寄生者や捕獲者となる他の生物」

となるとゴキブリは僕を食べたり僕の体内に寄生したりしないから
天敵と言わないか。蚊は微妙だな。食べられたりしないけど、血を吸われるから
これは天敵と言ってもいいか。僕にとって蚊は天敵だが、蚊にとって僕は寄生したり食べたり
しないから天敵とはいえない。なんかずるいな。
蚊にとって僕は天敵ではないが、それでも部屋にきたら蚊取り線香を炊いているので
ほぼ確実に死ぬだろう。なので蚊取り線香あるうちはまったく問題ない。
ここであることを思う。
それはゴキブリが蚊みたいな性質じゃなくてよかったということ。
おそらくみなさん僕が何を言いたいのか分からないと思うので説明します。
ゴキブリってだいたい台所や水回りにいます。そしてコソコソしてて人間がガタッと音を
たてようものなら、一目散に逃げます。もしコイツが蚊みたいに血を吸う生き物だったら
今頃500回くらいは気絶していることでしょう。それに蚊はしつこい。夜中寝ているときに
顔の近くでうるさく飛んでいる。これがゴキブリだったら・・・。
もしゴキブリがこんな生き物だったら、僕は今頃日本には暮らしてません。おそらく寒い国に
行くでしょう。ジョンレノンのイマジンを替え歌してイメージしてみる。

イマジン ゴキブリが蚊みたいだったら~
いとも簡単に 僕の顔に~
どこからともなく カサカサ歩いて乗っかってきて~
ぼくの 血を吸いまくるう~

イマジン すべての人たちが~ ここで暮らしている人は逃げるだろう
あんたは僕を妄想家と呼ぶだろう でも僕だけじゃないだろう
でもいつか僕の仲間になること信じている
だってみんなゴキブリがきらいなんだもん

こんな感じで~。

やっちまった

またやってもうた。
今朝NHKで朝ドラゲゲゲの女房が放送されているが、
それを録画するのを忘れた。
たまに忘れる。せっかく昨日はいいところで終わったのに、
今日の話がどうだったか気になる。
見てないが話の内容を予想しておくか。
おそらくシゲルは少し反省して、今まで全くタッチさせてなかった
仕事を少し任せるのではないかと思う。

昨日の時点では、フミエが「何か手伝うことがあれば言ってください」と言って
いたが、それを言うたびにシゲルは「うるさい、仕事のことに口出すな」と怒る
始末。フミエはそれが寂しく感じて、ついには家出とはいえない家出をした。
やはり子供たちが心配なので本気で家出しようと考えてなかったが、これをしたこと
によってシゲルがうろたえてしまった。
フミエは今、仕事がたくさん入るようになって経済的には楽になったが、貧乏でもいいから
昔みたいに笑って暮らせる生活のほうがよかった、と思っている。たしかに最近のシゲルを
見ていると仕事仕事で忙しく、とても他に気をかける余裕がない。当然仕事に追われているので
笑うことが極端に減った。やはりバランスが大事と言うことだろう。この番組は場面場面で
考えさせられることが多い。今はすでに失われたものがまだ残っていた最後の時代ではないか。

明日またドラマを見ることになるが、仕事に追われているのは変わらないと思う。ただ少し
フミエに気を使うんではないかと想像する。ただ一時期だけのような気もするが。
あと1ヶ月くらいでこのドラマは終了すると聞いた。なので一日たりとも見逃さないように
したいと思う。

ねむい

以前僕は寝る時間は早かった。
最近はブログ更新があるので、だいたい12時過ぎといった
ところか。
それにしても眠い。目が開かない。
しかしよく考えたらなんで眠いと目を開けてられないのか?
普通寝るときは目をつむる。僕もつむる。世のなか広いので
もしかすると目を開けたまま寝るツワモノもいるかもしれない。
さっきも書いたようになぜ眠いとまぶたが重くなってくるのかが
不思議だ。眠いのは脳が眠いと言ってるわけで、目が眠いとは
言ってない。とするともし脳が眠ければ目なんてほっといて、勝手に
一人で寝ればいいだけの話である。それを脳は眠いからと言って、目を
道連れにしているわけである。目にとっても大きな迷惑だろう。目だって
本当は眠くないはずであるだろうに。しかし寝るときに目をつぶるのは
人だけではない。犬やネコも寝るときは目をつぶっている。
ということは目をつぶることによって、なにかいい事があるということに
なる。もし何もいいことがないんだったら、わざわざ目をつぶる必要がない
んだから。ここで一つこの疑問に対する突破口をこの文を書きながら
思いついた。よく考えれば目を開けていると目から情報が入ってくる。
そうしたら脳はいくら拒否したからと言っても情報を脳に入れる前に捨てる
ことができない。そう考えれば納得がいく。目をつぶることによって。目から
入る情報をシャットアウトする。となれば耳だが、以外に耳は目に比べると
放っておかれている印象がある。脳は目からの情報はいやだが、耳からの情報は
ウエルカムと言うのか?それだけ普段いかに視覚情報にたよって暮らしてるかの
証拠ではないだろうか。
僕の脳が眠たがっている。そして早く手を休ませろと言ってる気がする。
そういう訳なので、脳の命令どおり目も手もゆっくり休ませようと思います。
それでは。

花 花 草

とうとう花が完全に枯れてしまった。
たぶん水のあげ方がまずかったかもしれない。
あまり水をあげすぎると根腐れすると聞いてた
から遠慮がちにちびちびあげてたら、1週間もしない
うちに様子がおかしくなった。それでもあきらめず
水をあげ続けたが、結局元気にならず、そのまま枯れてしまった。
やはり観葉植物と違って花はデリケートだなと思い知らされました。
それでも少し悔しさが残ってるので、いずれリベンジしたいと思います。

花の話が出たんで、ついでに競馬のレース名のなかで花や草など植物に
関係する名前をピックアップしました。本当なら全部列挙したかったんですが、
なにしろ数が多いので、少し手抜きをして1月に行われるレースで植物の名前が
ついてものをここに書き記します。
寒竹、福寿草、紅梅、菜の花、なずな、若竹、つばき、クロッカス、はこべら。

若竹は寒竹と同じ竹ですが、レース名としてあるのであげておきます。
植物の名前のついてレースをよく見てみると、全部確認したわけではありませんが、
2才、3才の若駒だけについている気がします。
ここに名前だけ列挙しましたが、本当であれば植物のキャラクターを書き足したかったが
なにぶん相当な量があるので、いつか気が向いたときにやってみたいと思います。
で、まだ1月分しか書いてないので、2月以降の分もそのうちまたやりたいと思います。

炭酸

最近と言うか7月くらいから、ほぼ毎日暑い。
それで一時期は発泡酒買って飲んでいたが、余計暑く
なるので、発泡酒は止めてスポーツドリンク2Lのペットボトル
に変更し、さらに今日はスポーツドリンク少しだけ残ってるので、
みつやサイダーを買った。いわゆる炭酸飲料。
しかし僕は炭酸飲料の1.5Lペットボトルを買うのはすこし気が引ける。
大勢いるんならすぐになくなるので問題ではないが、この1.5Lを飲むのは
僕一人しかいない。それも一気飲みなんてまずできないから、冷蔵庫の前へ
何度も足を運んで、そのたびフタをあけてコップに注ぐ。そのたびに炭酸が
抜けていく。最後の方のサイダーは当然のごとく刺激が少なくあまりおいしく
ない。これは炭酸飲料の宿命とも言えるが。
ここで提案というか、もしかしたらすでにあるかも知れないが、炭酸復活アイテム
なんてあればいいなと思ってしまう。もしそんな夢のようなものがあれば、1.5Lどころ
か3L入り(そんなものない。と思う)の炭酸飲料を買うだろう。だって炭酸がいつまで
も続くんだから。もしそのアイテムを使ってただの水を炭酸にしたらおいしいかも。
ただ炭酸水ってすでにあった気がする。じゃ~むぎ茶はどうだ。夏には最高な気がする。
どうしても暑いと炭酸飲料にいきがちだが、ただ甘すぎるという難点もある。その点
むぎ茶だったら糖分は入ってないし、イメージ的にも体によさそうだし、なかなか
優れもののような感じもする。あとは味と言うか口当たり的なことだろう。もし
炭酸むぎ茶がおいしければとっくの昔にコンビニで売ってるはずだ。それがないと
言うことはあまり試飲の段階で評判が芳しくなかったのか。たぶんそうだろう。
話は戻るが何か手軽に炭酸が復活するアイテムを安く売り出してください。
ここで僕の勝手気ままなわがままですが、夏の間だけで結構です。よろしく。

いたいいたいのとんでいけ~

ただいま冷蔵庫へ行きアクエリアスを飲んだ。
ブログ更新再開。
しかし短時間でアクエリアスを飲んだせいか、いつもより
お腹が出てる。僕は痩せ型なんでお腹は出てない。
昔のことだが、なんの映画で俳優の名前が誰か思い出せないが、
主人公のお腹が出てた。それを見て、なにを思ったかその姿を
カッコイイと思ってしまった。それを見てからしばらく乱食が続いた。
なぜかって?それはお腹を出すため。しかし結果を書くと無駄に時間と
お金と牛さんを消費しただけに終わった。
ま、今にして思えばお腹が出なくてよかったが。それでも当時は本気で
お腹を出そうと頑張っていた。しかし世の中に僕ほど単純な人間がいるのかと
思うぐらいである。ホントに単純。映画を見ればすぐ真似する。テレビドラマを
見ても同じ。しかし当の本人がもともとが駄目なんだからいくらカッコイイ俳優の
マネをしたって無駄なことに気づいてなかった。おそらくあまり言いたくないが、
基本的な性質は今もあまり変わってないかも。それほどおめでたい人間なのである。
ある意味しあわせとも言えるが。
これをポジティブと言うべきかただのおバカさんと言うべきか、その辺は自分でも分からない
というよりあまりきっちり分析をしたくない。もしそんなことをしたら明日から毎日下を向いた
人生になりそうなんで。前にも書いたが、現代いろんな情報がある。それらを全部知りたいと僕は
考えるが、ただ中には知らないほうがいい情報もあると。そして今回のことも知らないほうが幸せ
といえる部類だと思う。つまりポジティブかおバカかの話だが。僕もそうだが、こんな自分にも
期待する自分がいる。あきらめが悪いというか。その答えを確定したくない。
だから毎日ブログが書ける。もし本当のことを知ったら、ブログなんてどうでもよくなるだろう。
なので知らなくてもいいものはそのままにしておく。そのほうが楽しいし気分的に楽だからだ。
とりあえず今も暑いが、本日のブログ更新が終わったことで今の気分はそれなりにハッピーだ。
このままの状態で寝る。そして楽しい夢を見る。ただ熱帯夜にうなされなければの場合だが。

まいにち・・・

あつい、あつい、あつい。これ以上書くと余計暑くなる。
しかし今年の夏1万回くらいは暑いと口に出したかもね。
(ライ麦畑でつかまえての主人公なみの誇張)
こうやってブログを書いていても、ときどき席を立ってキンキンに
冷やしたアクエリアスをガブ飲みする始末。ここ最近は飲んだら余計
暑くなるので発泡酒は飲んでない。その代わりとしてアクエリアスだ。
それも今日夕方に2Lペットボトルで買ったが、見た目で1.5Lは消費してるな。
このままだと本日ブログ終了するまでに、2L完飲してしまいそう。
それでも最終兵器のむぎ茶があるので安心して飲めるが。
さすがに暑いので明日以降の天気を見てみる。
な、なに!まだこんなに暑いの。とビックリと言うよりガッカリする自分がいる。
しょうがない。こればかりはどうにもならない。明日が暑いからって隣の人に
あたるわけにもいかない。こうなったら暑いのは自分のせいでと言うことにしておくか。
無理やり。そうすれば誰にもあたらずに済む。しかしこんなことを続けたら少しイッちゃった
人になりそうで怖い。というよりもうすでにイタイ。かも。ただ自覚症状なし。
ここにきてまた喉が渇いた。なので冷蔵庫にいきます。ではまたあとで。

年をとるにつれて

そういえば最近お腹をこわしてない。
僕はお腹が極端に弱い。
以前はスタバに行ってグランデを飲んだだけで
お腹をこわしていた。
冷たいのも飲むが、店内が冷房で寒いときはホットも飲む。
いつからお腹こわしてないかと考えてみたが、思い出せない。
たまに冷たい飲み物を飲みすぎで、これ以上飲んだらヤバイと
いう場合もある。なんとか最悪の事態は回避している。
子供のころは病弱だったが、大人になって年をとるにつれて
体調を崩すことが少なくなってきた。もし体調悪くても病院には
行かない。一度大変なことがあった。あれは15年以上前だろうか?
カラオケで歌を歌いすぎて、翌日声が出づらくなった。それを放って
おいた。そうしたら日に日に症状が悪くなる。最終的に声が全く出なくなり
人との会話は筆談で、ご飯を食べるどころか唾を飲み込むのも痛い。
それくらい病院に行かない。しかしこのままではもっと悪化すると思いしょうがなく
病院に行った。そうしたら医者にビックリされ、このままもう少し放置してたら、喉に
できた膿で食道を完全にふさいでしまい、窒息死するところだったと説明を受けた。
そして喉にできた膿を注射器で取り除き、しばらくベッドで横になり点滴をうけた。
この点滴がとても気持ちよかったのを覚えている。
こんな出来事があったにもかかわらず、その後もほとんど病院に行かない。
おそらく正確ではないだろうが、大人になってから病院に行ったのは片手に収まる
ほどではないか。
ただ思うことは何かあれば病院に行けばいいと思ってるのと、絶対病院には行かないと
思っているのでは病気になる確率が違ってくる気がする。もちろん気のせいかもしれないが。
「病は気から」と言う言葉があるが、これが僕の座右の銘です(もちろんウソ)

チャンス 新ドラマ他

午前中に掃除をしたが、とても気分がいい。

龍馬伝かゲゲゲの女房かどっちか忘れたが、ドラマが終わった後に
新しく始まる新ドラマの告知をやっていた。そのドラマの名前は
チャンスと言うらしい。内容はよく知らないが、どうやら競走馬に
関係するらしいので、競馬好きの僕は必ず見るつもりだ。
8月28日の土曜日からスタートして全6話で完結するそうな。
ドラマ自体は競馬をやらない人にも分かりやすく製作されていると
思うので、そこから学ぶべきことはおそらくないだろう。それでも
普段競馬を見ない人が馬っていいなと思ってくれたら、それで僕的
にはOKです。

前記の龍馬伝ですが、当然今夜も放送を見た。そしてなんと侍のカッコイイ
こと。龍馬率いる亀山社中は一応今でいう企業みたいなものですが、しかし
龍馬をはじめ他の侍たちも私利私欲に走らず、日本のために命を張るという
高貴な目的を持っている。そしてこの命を張るという言葉どおり、彼らの
行動は他から殺されるかもしれないという、ある意味この時代では常識に逆らって
生きている。今の日本人にどれだけの人がこういう言葉を本心で言えることが
できるのか?当然僕もそんな大それたことは絶対に言いません。やはり自分が
一番カワイイです。そしてほとんどの方がそうではないでしょうか。
自分が持っていないものを他人が持っていると尊敬します。だから今だに彼らは
歴史に名を刻んでるんでしょうけど。
突然だが、ここで究極の選択をしてみる。
1 歴史に名を残せるが若くして死ぬ。
2 歴史に名は残せないが普通に年とって死ぬ。
この2つの選択肢のうち、必ずかなうからどっちか選べと言われたら、
僕は迷うことなく2番を選択する。間違いない。
そういう訳で僕は妄想の中だけでヒーローになるから、それで十分です。
ただ妄想しすぎで、頭がおかしくならない程度にしておきますが・・・。

掃除

今日朝から部屋の掃除をした。
まずリビングの掃き掃除。掃き掃除にも2段階あって、
まずはほうきで簡単に掃く。そしてハンドモップ?でいいのか?
それで部屋の隅々まで細かいゴミ、ちりなどを取り除く。
このハンドモップなかなか優秀でこれで掃除すると、本当に綺麗になる。
リビングの掃除を終えて、次は台所(ダイニング)の掃除。これも基本
リビングの時と同じようにほうき、ハンドモップで掃除。これと同じ
ようなことを寝室でもやる。最後にトイレ掃除。ここでもほうき、ハンド
モップでやったあと、濡れたタオルで拭き掃除。便器や床、ドアなど目に入る
ところはすべてやった。
ここまでやって時間にして2時間弱。普段からそれほど汚してないし、掃除も
完璧にやろうなんて考えず、7割くらいでいいやぐらいの気持ちなんで、それほど
大変でもない。しかしここで考えた。世の中には潔癖症の人がいる。こういう人たち
は普段どんなやり方で掃除をしているのか?と疑問に思う。潔癖の人の部屋はイメージ
的に髪の毛1本も落ちてないような感じだが、しかし毎日掃除しても髪の毛なんて
よく落ちている。これを完璧にしようと思ったら、1日のうち結構な時間が掃除に
なってしまうんではないかと思う。当然ホントのところは知らない。

掃除をしている間に毎日はこんなことはできないなと思い、今書いたことを考えて
いました。しかし本当に世の中いろんなタイプの人間がいるもんだと感心します。
だからおもしろいんでしょうね。

札幌記念

続きを読む

プロフィール

春の陽射し

Author:春の陽射し
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
ベルーナ
フリーエリア
カラーミーショップ プロ
★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。