スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道ネタ③

武士道を読んでいろいろ思うことがあった。
思いついたことを適当に書いてみる。

第8章に「名誉」の項がある。
そこに書いてある文を本から一部抜粋する。

●恥の感覚こそ、純粋な徳の土壌
名誉という感覚には、人格の尊厳と明白なる価値の自覚が含まれている。
名誉は武士階級の義務や特権を重んずるように、幼児の頃から教え込まれ、
武士の特質をなすものの一つであった。
     途中略
高名―人の名声。「人としてもっとも大切なもの、これがなければ野獣に等しい」
という思いは、当然のこととして、高潔さに対する屈辱を恥とするような感受性を
育てた。そして、この恥の感覚、すなわち廉恥心はサムライが少年時代から最初に
教えられる徳の一つであった。「笑われるぞ」「名を汚すなよ」「恥ずかしくないのか」
といった言葉は、過ちを犯した少年の振る舞いを正す最後の訴えであった。

名誉なんて僕にとっては、遠く彼方にある言葉でピンとこないが、ただ「恥」という
言葉は普段の生活のなかで時折感じる感情である。
日本はよく恥の文化だという声がある。確かに自分を含め日本人は、極度に恥をかくこと
を嫌がる。これはイイとか悪いとかはその時々だと思うが、ただモラルの面で言えば
この恥の感覚を持っていれば、そう変な行動はとったりはしないと思う。
去年このブログで、コンビニで買ったばかりの商品の外装をその場で捨てている年配の
オバサンについて書いたが、このオバサンにとってゴミのポイ捨ては普通のことであり、
なんら恥ずかしいことではない。おそらくこのオバサンの親たちが同じようなことを
していたんだろう。ただし普段の行動については自分もよく気をつけなければいけない。
人のことを書いておいて、自分が気づかないところでやってたりするかもしれない。
さすがにゴミは捨てたりはしないが・・・。
とにかく僕としては、人から後ろ指さされる行動だけはしないように心がけたい。

武士道ネタ つづく・・・



      
スポンサーサイト

武士道ネタ②

武士道を読んでいろいろ思うことがあった。
思いついたことを適当に書いてみる。

第6章に「礼」の項がある。
そこに書いてある文を本から一部抜粋する。

礼の最高の形態は、ほとんど愛に近づく。それは私たち
にとって敬虔な気持ちをもって、
 「礼は寛容にして慈悲深く、人を憎まず、自慢せず、高ぶらず、
  相手を不愉快にさせないばかりか、自己の利益を求めず、
  憤らず、恨みを抱かない」

これを自分に当てはめると、僕は礼の資質をほとんど持っていない
ことが分かる。しかしこれは僕だけでなく、周りを見渡してもこの
ような人間はいないことに気づく。自分もそうだが、やはり自分が
一番かわいい。なので自己の利益を最優先に行動するのは当然とも
言える。そこへ自分の利益を損ねる物が現れれば寛容にはなれないし、
慈悲深くもなれない。しかしこの武士道を読んだからには、少しでも
礼を実践できるようにならないと本を読んだ意味がないし、本に
費やした時間も無駄になる。今の自分は相当ヒドイかも知れないが、
ただ努力しても無駄だと諦めると進歩はない。なので亀の歩みのごとく
一歩一歩着実に前に進んでいき、少しでもまともになっていければと思う。

武士道ネタ つづく・・・

武士道ネタ①

武士道を読んでいろいろ思うことがあった。
思いついたことを適当に書いてみる。

江戸時代に士農工商という身分制度があった。それを現代に
身分ではなく職業の区別として復活させたい。
士は武士のことだが、武士は金勘定を嫌った。だから算盤の勉強は
しなかった。武士は権威はあったが金はなかった。つまり金と権力の
分離である。これを現代に無理矢理当てはめると官僚になるか。
本当は政治家が武士に当たる役割を担わないといけないが、なにぶん
票とお金を持っている個人、団体には頭が上がらない。ようするに政治家
は買収するのは容易だという証明だ。なので政治家には全く期待できない。
となると官僚になるのだが、これはこれで問題大有り。しかしどっちも駄目
のままだと国民は救われないので、どちらかを変えるとなると官僚のほうになる。
武士には誇りがある。そして官僚も誇りのある職務にする。なので官僚になる資格
を、頭のよさではなくどれだけ国民のために働くことができるかにする。国を
背負う官僚が給料がいいし安定しているという理由でなられるのは国民の不幸だ。
だから給料を今よりだいぶ下げる。そうすればお金目当てで役人になろうと
いう気はなくなるだろう。そして官僚になったら徹底的に武士道精神を
叩き込む。ようするに天下りとか裏でコソコソやるようなことを恥だと
認識させる。
もし官僚が武士道を実践できるようであれば、はっきり言うと政治家なんて
誰がなってもいい。たとえば政治家が何か理不尽なことを言ってきても
はっきりとノーと言えるし政治家をまともになるように教育すればいい。
そして管轄下にある団体などに不正があれば強い態度で臨める。
今の時代お金があればある程度人の心を動かせる。いやなことだがお金だけの
論理で動いている気がする。せめて官僚だけはそうならないで欲しい。

ここまで書いて相当難しいというか不可能に近い気がする。ただ国民の全体の意識が
変わればいい方向へ行くだろう。ぜひそうなって欲しい。

武士道ネタ つづく・・・
プロフィール

春の陽射し

Author:春の陽射し
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
ベルーナ
フリーエリア
カラーミーショップ プロ
★【 Color Me Shop! pro 】ならオールインワン★
高機能テンプレートで即日ショップオーナーに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。